Monochrome dogs.

北海道 白黒犬 四季観察 農業 物作り

真っ黒子さん逝く

f:id:sikinari:20180729112704j:image

13歳と11ヶ月と11日。

2歳のときに我が家に来たので一緒にいたのはほぼ12年です。

根性があるメス犬だったのできっと14歳まで大丈夫と油断してしまった。

歩行も排泄も食事もなんとか自力でしていたのでまだ大丈夫。まだいけると。

最後は心不全のような感じであっというまでした。

 

 

f:id:sikinari:20180729113647j:image

これを含めての「犬を飼う」ということ。

わかってはいたけれど。

もっとああしてあげてればこうしてあげてればの思いの嵐。

これが犬を飼うってことか。

たくさん勉強させてくれました。

犬は、人間よりもえらい。

人間からよりも、

学ぶべきことをたくさん教えてくれました。

 

 

f:id:sikinari:20180729112629j:image

敷地内の木の下にユンボで穴を掘って埋めました。

土に還って

きっとお空でブヒブヒいっている。

 

 

 

f:id:sikinari:20180729115055j:image

ブヒブヒやゲップやセキ払いが聞こえなくなった日常が、静かすぎてなんだかへんな感じです。

4日経ち、残った2匹も何か違うと感じ始めてきたもよう。

 

 

とはいえ、人の日常は続くので、毎日汗水流して働かねば。

 

飼い主が逝くいつかその日に、枕元には死神ではなく、真っ黒子さんがいてほしい。

あ、ブヒブヒ来たな。

ニヤリと笑いながら逝けそうです。