Monochrome dogs.

北海道 白黒犬 四季観察 農業 物作り

英語のこと

英語はボケ防止と自分に言い聞かせ、今でもちまちま参考書を見たりします。

イケメン外国人と親しくなりたいとか、

将来海外へ移住したいとかいうビジョンが特にあるわけではありません。

(昔はちょっとあった)

なぜ続けているのか。

それはアハ体験ができるから。

いわば脳トレです。

普段なんとなく聞き流していたお馴染みの英語の意味が、実はこう、ってのを知ると、ほぅ!となって脳が喜んでいる気がします。

その快感がやめられない。

洋楽や洋画でワンフレーズまるまる理解できたときは踊り出したい気分になります。

 


f:id:sikinari:20190220122838j:image

バスタイム中湯船につかりながら読んでいた本。

ヨレヨレ。

 

最近知ってほぅとなったのは、

inn = 宿 (ホテルより比較的小規模の宿)という単語。

東急インとか、東横インとかいう名前のビジネスホテル名はここからきているというのを恥ずかしながら知りませんでした。

てっきりお客さんをたくさんインしたいからインを名前にしてるのかと思っていた…。

 

他にはdowntownという単語は下町ではなく賑わっている都心や繁華街のことを指すということ、

cafeteriaという単語はお洒落な喫茶店を指すのものではなくどちらかというと社員食堂や学食といった場所に使う表現ということも知ったときにへぇとなりました。

今までいた働いた職場達の中で、

カフェテリアという表現が似合う素敵な食堂が、はたしてあっただろうかと思いをめぐらすも、皆無。

どれも、さぁ、さっさと食って職場へ戻れ的な、リラックスとは程遠い雰囲気の食堂ばかりだった気がする。

そのせいか、食堂=cafeteriaっていうのは感覚的になかなかしっくりこない。

 


f:id:sikinari:20190220125600j:image

あいかわらず般若顔で寝てるなぁと見入ってたら

 


f:id:sikinari:20190220125701j:image

うみゃうみゃと動いてウザそうにする。

でも好き。

 


f:id:sikinari:20190220125803j:image

こっちはおもいっきり無防備。脱力。

飼い主の視線なんてどーでもいいですって感じ。

 

 


f:id:sikinari:20190220125925j:image

夏になると飛び交うカラスアゲハを

常々標本にしたいと思いつつ

死んだ虫を飾るなんて悪趣味かもしれないと

あきらめていたけれど

 


f:id:sikinari:20190220130105j:image

これだと罪悪感がなくっていいかも。

 

 


f:id:sikinari:20190220130139j:image

寒さの山場はやっと去った。

冬の日本海

 

 

 

 

 

うまくいかない


f:id:sikinari:20190210214258j:image

最近シニア白黒との意思疏通がうまくいかない。

毛繕いしてあげても不満げにすぐに退散。

ほっといてくださいオーラがものすごい。

そのくせ食事の時間にはきっちりアピールしてくる。

飼い主はただの食事係ですか。

そうでちゅかそうでちゅか。

 


f:id:sikinari:20190210224143j:image

鼻ちょうちんならぬ

口ちょうちん。

ヨダレともいう。

 

どこか具合が悪くて放っておいてほしいのか。

それとも年を取ると犬も気むずかしくなるだけなのか。

今度獣医さんに聞いてみよう。



f:id:sikinari:20190211092650j:image

頼まれて作りました。

柴犬ちゃん。

ネットに出ていた図案を参考にして作製したのですが、

思いの外かわいくできて、自分用のも欲しくなりました。

 


f:id:sikinari:20190211093235j:image

卵が1つ足りなかったけど、どうしても食べたかったのでむりやり作ったマーブルケーキ。

やっぱり卵は2つ必要だった。

今年に入ってからの菓子作りはこーゆーのばっかり。

材料のあれが足りない、でもま、いっか、の結果の微妙な仕上がり。

 

小麦粉自体、砂糖自体がなくっても、

無理やり菓子作りを強行した結果、

なんじゃこりゃあっていう代物ができる日も、

そう遠くはないのかも。

 

 

へっぴりごし


f:id:sikinari:20190207160709j:image
シニア白黒がときおりへっぴりごしに。



f:id:sikinari:20190208111209j:image
視力もかなり衰え椅子の足にゴチンとぶつかる音も頻繁に聞こえてくる。

 


f:id:sikinari:20190208111312j:image

無表情でのごきげんポーズ。

 

 


f:id:sikinari:20190208111552j:image

最近ふかしたジャガイモをおやつにしているせいか、かたぶとり気味か。

 


f:id:sikinari:20190208111817j:image

ヨボヨボになったって

犬はいとおしくてかわいい。

人もそうだといいのにね。

うらやましいかぎり。

 


f:id:sikinari:20190208112144j:image

昔の写真がでてきました。

チェキで撮ったもの。

チェキ…なつかしい…。

テリー伊藤によく似た、おもしろい顔をした子犬。

インターネット販売で売れ残っていた彼。

子育てには縁はなく

動物の世話ばかりに縁があったとふりかえる。

それはそれでありがたいこと。

 

 

麻生さんの失言が世間を騒がせておりますが、

失言麻生さんと言っても過言ではなく、

水谷千重子ふうに「バカいってる」と受け流すにかぎります。

日本経済の衰退は誰がどうみても女性蔑視なのに自分らの責任は認めたくないからってそこたたいちゃうんだって憤りを感じたとしても、

カップラーメンが400円すると思ってる人に腹立ててもしょうがない。。。

 

 

ブツブツが好きです


f:id:sikinari:20190203135628j:image

ブツブツ恐怖症のことをトライポフォビアというそうです。

その逆の、ブツブツ愛好家はいったいなんて呼ばれるのでしょうか。

アイロンビーズにハマってつくづく自分はブツブツが好きなんだなぁと思います。

ブツブツの集合体を、なんだかこう、ずっと見ていたくなるのです。


f:id:sikinari:20190203140244j:image

昭和レトロなコースター作りました。

昭和の時代にこういう雰囲気の炊飯器があったような気がします。

 

 

 

過去にレゴを大人買いしたい衝動にかられましたが、高くつくのであきらめてよかったです。

アイロンビーズは一色200円程度で購入できるし散らからないし邪魔にならないので大助かり。

 


f:id:sikinari:20190203141231j:image

風邪予防に作った黒砂糖と生姜のクッキー。

 


f:id:sikinari:20190203141432j:image

生地は冷凍庫で日持ちするので

食べたいときに数枚焼いてそのつどいただく。

小麦粉を大量に使用したので冷めるとカッチカチの硬いクッキー。

分量が適当だからこうなる。

 






f:id:sikinari:20190203143044j:image

山道を散策

 



f:id:sikinari:20190203143105j:image

 

アイロンビーズで補修


f:id:sikinari:20190127192651j:image

傘が電球に接触し一部分が溶けてしまったので傘を捨てて傘を買い換えるか迷っているうちに10数年放置していた電気スタンド。

 

ずいぶん昔に購入したものだけれど

雑貨カタログで一目惚れしたものだったので捨てるに捨てられず。

 

溶けた部分を四角くくりぬいて

 



f:id:sikinari:20190127194104j:image
透明のタイル風にしたアイロンビーズ

布用ボンドで貼る。

 


f:id:sikinari:20190127194123j:image

点灯。

ええではないか。

 


f:id:sikinari:20190127194131j:image

ウルトラマンスイッチみたい。

あれは四角くはなかったっけ。

 


f:id:sikinari:20190127194736j:image

アイロンビーズ

なかなか使える。

 


f:id:sikinari:20190127194806j:image

ナノビーズで作った四つ葉のクローバーふうしおり。

しおりにするにはかなり薄めにアイロンでぐっと押し付ける必要あり。

 

 

志麻さんの何度でも食べたい極上レシピ

志麻さんの何度でも食べたい極上レシピ

 

そのしおりを利用して今読んでいる本。

志麻さんの、何にも流されずにしゅくしゅくと料理をする姿が好きだ。

この方はフランス料理に長く携わっていたのですね。さすが。

 


f:id:sikinari:20190127195542j:image

秋に収穫したハネ品トマト。

朝晩の温度差で表面が割れ、出荷もできず、人にゆずるわけにもゆかず(すぐ劣化するので)

ためしに何袋かに分けて冷凍しておいたもの。


f:id:sikinari:20190127195928j:image

ミートソースにしたり

 


f:id:sikinari:20190127195851j:image

鶏肉、キノコ、ブロッコリーと一緒にオリーブオイルとハーブであえそのままオーブンで焼いたり。

 

解凍してから使うと青臭くなるので

凍ったまま使うのがベスト。

 

なかなか重宝するので冷凍ミニトマト、来年もやろう。



f:id:sikinari:20190127201124j:image
キッチンの床をチョロチョロするのがいっぴき。



f:id:sikinari:20190127200551j:image
久しぶりに洗われてフワフワもこもこになったのがいっぴき。

 


f:id:sikinari:20190127200714j:image

あいかわらず散歩行く気なし。

寒い季節は

おじいちゃんの体にこたえるのかしらね。

やめられないとまらない


f:id:sikinari:20190123130610j:image
今朝はめずらしく晴れて気温が低いせいか


f:id:sikinari:20190123130647j:image

景色がきれい

 


f:id:sikinari:20190123130725j:image

だけど

 


f:id:sikinari:20190123130753j:image

散歩好きな犬も

さすがにくるりと引き返す寒さ。


f:id:sikinari:20190123130908j:image

 


f:id:sikinari:20190123130952j:image

もう寒くて何がなんだか。

空気が凍ってる感じ。

 


f:id:sikinari:20190123131106j:image

ふわっふわな雪。

 


f:id:sikinari:20190123131230j:image

なかなかうまく撮れない。

 


f:id:sikinari:20190123131335j:image

おじいちゃん犬はオウチ派。

 

 

飼い主もインドア派。

f:id:sikinari:20190123132009j:image
というわけで

アイロンビーズに手を出したことにより

さらに細かいナノビーズというものにハマってしまい

 


f:id:sikinari:20190123132235j:image

ナノビーズで絵をしたためてニヤニヤしたり

 


f:id:sikinari:20190123132302j:image

コースターにしてニヤニヤしたりしています。

 

 

熱中しすぎてめまいを覚えるも

やめられないとまらない。

 

 

テトリスブロック


f:id:sikinari:20190115145801j:image

ちょっとソファーに体を横たえ

休憩しようとするも

ソファーと飼い主のあいだにぴったり収まろうとする犬のせいで

ぜんぜんくつろげないまじで。

 

テトリスでこういうブロックあったな。

縦に長いやつ。

 

 


f:id:sikinari:20190115150006j:image 

なんだか飼い主にやたらくっついてくるようになった2匹。

 


f:id:sikinari:20190115150626j:image

原因はこれか。

最近ハマりました。

アイロンビーズ

飼い主が何かに熱中すればするほど犬達は不満げ。

 


f:id:sikinari:20190115150716j:image

結晶を作って

 


f:id:sikinari:20190115151220j:image

吊るす。

 



f:id:sikinari:20190115151236j:image

冬限定の手作りモビールです。

ゆらゆらと回転して

見ていて楽しい。

 

 

むりやりのバースデーケーキ


f:id:sikinari:20190108114601j:image

去年より濃い味のチョコケーキにしたくて探したレシピは15センチ型。

自分が持っているのは18センチ型のケーキ型。

なんとかなるさと軽い気持ちで焼いたものの、

薄っぺらい出来上がりにビビって生クリームの装飾でごまかす。

ろうそくの用意はなかったので生クリームでしたためたものの、

サンキュウってさむいギャグみたい…と思わずたじろいでしまい、

家にあったおまけについてくるろうそくをかき集めた。

 

だんじてクリスマスケーキではない。

家族の誕生日を心から祝うバースデーケーキ、なのである。

 

ただ、なんだろうこの

ものすごいむりやり感。

 


f:id:sikinari:20190108115316j:image

心霊のように張りついてくるのがいっぴき。

 

 


f:id:sikinari:20190108115851j:image

あいかわらず寝にくい場所でちんまり寝入るのがいっぴき。

 


f:id:sikinari:20190108115943j:image

落ち着くんですかね。

 


f:id:sikinari:20190108120111j:image

はみ出してるんですけどね。

 



f:id:sikinari:20190108120439j:image

まだまだ続く北海道の冬。

太陽の光が貴重。

 

透明おりがみ

自分が幼い頃は想像もしなかった。
f:id:sikinari:20181225200030j:image
透明おりがみなんて夢みたいなものができるなんて。

ひゃっきんブラボー。


f:id:sikinari:20181225200047j:image

ふうせんを折ってこれまた100均で購入したチカチカ光るライトに通せば

 


f:id:sikinari:20181225200126j:image

華やか。クリスマスっぽいぽい。

ひゃっきんブラボー。

 


f:id:sikinari:20181225200218j:image

昨年の冬は狂ったようにオニオングラタンスープを作りましたが、今年の冬はドフィノアというジャガイモのラザニアみたいなものにとりつかれています。

スライスしたジャガイモを水にさらさなければホワイトソースを作る必要がないことをはじめて知りました。

もっと早く知りたかった…。

 

容器にバターとすりおろしたニンニクを塗るのが少々面倒ですがホワイトソースを作る手間がない分ぜんぜん苦にならず。

ジャガイモと塩コショウととろけるチーズの層を三層にして生クリームと牛乳を浸る程度に入れて190℃くらいで30分。

焼き上がりはほんのりニンニクの香りがしてシンプルでおいしいです。

今月だけでも3、4回は作っている気がする…

 


f:id:sikinari:20181225200254j:image

留守番カメラの画像。

飼い主が出掛けたことにぶちギレたヤング白黒が悪さをし、

静かにそれを見守るシニア白黒。


f:id:sikinari:20181225200232j:image
サプライズプレゼントいただきました。

地味にうれしい。