Monochrome dogs.

北海道 白黒犬 四季観察 農業 物作り

カフェ恋しむあまり

 

f:id:sikinari:20180118143334j:plain

行きつけのカフェというものにあこがれるあまり、

 

 

f:id:sikinari:20180118143325j:image

こぶし二個分ほどのカフェを作成。

 

 

f:id:sikinari:20180118143313j:plain

ショーケースを指す自分の指が大きくてビビります。

 

 

f:id:sikinari:20180116142404j:plain

上からみた図。

  

f:id:sikinari:20180116142352j:plain

ちびちびお酒を飲みながら夜な夜なカフェを眺める変な人になっています。

カフェなのに酒…

 いっそバーを作るべきだったのでしょうか。

 f:id:sikinari:20180119164606j:image

 

f:id:sikinari:20180116142417j:plain

オルゴール機能もあって、楽曲はなぜかラピュタ

中国製品です。ジブリの許可は取っていなさそう…。

 

[asin:B00LWTT7RA:image:large]

ドールハウス ミニチュア handmade キット セット The スター coffee bar

↑ ここで買えます。作るのにすごく時間がかかりますが、ライト・オルゴール機能・付属のミニチュアキットとしてはとてもお安いです。

 

 

 

無心

f:id:sikinari:20180118143200j:plain

ちゅうちゅうともみもみに夢中な犬に

 

f:id:sikinari:20180118143119j:plain

どうしてもちょっかいを出したくなる

 

f:id:sikinari:20180118143142j:plain

こきたないボロきれを

 

f:id:sikinari:20180118143102j:plain

なぜそれほど

 

f:id:sikinari:20180118143132j:plain

いつくしめるのか。

 

 

f:id:sikinari:20180118143049j:plain

 

f:id:sikinari:20180118143033j:plain

ここをつまんでジャマしてみるも失敗。

 

 

目標2㎏減。

f:id:sikinari:20180116142444j:plain

ヤング白黒の右後ろ足のびっこは、レントゲンでも血液検査でも異常なしだったので、(リュウマチ検査も陰性)

先生の見立ては、おそらく左側よりもはげしい右後ろ脚の膝の皿のずれとのことで、

さあ、手術の日取りを、となり、

いやちょっと待ってくださいと飼い主がひるむと、

先生いわく、まあ、手術はいつでもできますからとなり、

9000円分のサプリと(高っ)、レーザー治療だけ施し、今に至る。

 

手術してもまた皿がずれる可能性があることと、

野放しに育てたこのやんちゃな犬が術後一週間ケージだなんてきっとストレスでどうにかなってしまうんじゃないかという心配があるためどうしても手術という選択はすんなりできず。

 

時々普通に歩き、完全にびっこを引くわけではなく、いたって元気なので、とりあえず膝に負担をかけぬようダイエットさせるべく餌を変えた。

現在10.8㎏。(ほぼ11㎏!なぜこの犬だけ太る??)

目指せ、せめて2㎏減。

 

f:id:sikinari:20180116144506j:plain

もう爆弾低気圧なんていらない。

 

 

 

f:id:sikinari:20180116144556j:plain

 

f:id:sikinari:20180116144528j:plain

地味弁。

煮物オンリー。

 

 

 

 

 

 

 

カメラはとらえた

f:id:sikinari:20180109162858j:image

ヤング白黒を

 

 f:id:sikinari:20180109162942j:image

 見るシニア白黒の冷ややかさ…。

コイツいなきゃいいのに、的な…。

 

f:id:sikinari:20180109164009j:image

耳をなめてあげたりと、

 

f:id:sikinari:20180109164107j:image

普段は平和な仲なハズ。

 

f:id:sikinari:20180109164310j:image

平和な空気はシニア白黒の努力と忍耐の賜物なのか。

 

 

f:id:sikinari:20180109162953j:image

戌年というだけで、

なんだかうれしい。

ウキウキと封を開けた、いただきもののモナカ。

 

 

f:id:sikinari:20180109163020j:image

ひとくち食べて、

すごく自分が極悪人に感じた…。

 

 

 

誕生日ケーキ

f:id:sikinari:20180107193725j:plain

家族の宗教の関係上、

幼い頃から家庭で一度も誕生日というものをされたこともしたこともなかったため、

今だに自分の誕生日を祝福されることになじめず、

また、人の誕生日を祝うことに慣れていない。

でもせっかく大人になってしがらみから解放されたので、

人の誕生日をきちんと祝ってしんぜようと思い立ち、一番身近な人の誕生日ケーキを作りました。

生クリームよりもチョコものが好み、ということでガトーショコラ。

 粉砂糖で文字をくりぬけば何にでも応用が利くことに気付く。

ハート型を適当にちりばめればバレンタインにもいけるなコレ。

手間やコストを考えれば生クリームものよりこちらの方がリーズナブル。

ひっひっひと、せこい考えをめぐらす、誕生日祝いとなりました。

 

f:id:sikinari:20180107192908j:plain

右後ろ足の不調のために今度は札幌の動物病院へ行きました。

 

f:id:sikinari:20180107192859j:plain

膝前にある小さい骨のずれはあるものの、

靭帯損傷の疑いはなく、半月板もしっかりしているとのこと。

レントゲンから推察できる炎症反応もなさそうとのこと。

一応リュウマチなどの免疫不全がないか血液検査をして結果待ち。

先生も少し首をひねっていた。

そして福沢諭吉が二枚去って行った。

諭吉との別れに動揺しすぎ、

犬を歩かせない方がいいのか、

たくさん歩かせた方がいいのか先生に聞き忘れた事をくやむ。

 

そして今回びっくりしたのが、犬の誕生日を忘れて生年月日を記入できないでいると(そもそも覚えようと思ってない)、ものすごく受付のおばちゃんにいぶかしがられたこと。「え?なんで覚えてないの?」的な。

人間じゃなくて犬でっせ?そこまで明確じゃなきゃダメ??

年齢だけでよくね?

って思う私は時代遅れなのでしょうか。。。

「誕生日」というものになじまず育った自分の環境をここでも再確認。

 

f:id:sikinari:20180107193112j:plain

でもときどき自分から二本足で立ったりしてます。

 

f:id:sikinari:20180107193126j:plain

痛むわけではなく、違和感を感じる程度で浮かせているのかも。。。

 

f:id:sikinari:20180107193023j:plain

なんせ痛みにオーバーなへなちょこ。

 

f:id:sikinari:20180107193041j:plain

これは私のベッドですアピール。

 

 

 

老いてもなお

f:id:sikinari:20180104225937j:image

衰えぬ負けん気。

 

f:id:sikinari:20180104225900j:image

「ぜってぇ渡さねぇ」

 

 

前歯抜けたってふんばる13歳フレブル♀。

 

f:id:sikinari:20180104230141j:image

 トイレの場所を移動したら完全に混乱したのか、少し外すというレベルではなく部屋の真ん中に堂々としている模様。

たまに正気に戻る認知症のお年寄りみたいにちゃんとシートに駆け寄る場合もあり。

 

おやんなさいおやんなさい。

もう余生だもの仕方ない。

どこで用を足そうとあなたの自由。

 

紙おむつという強い味方がいる限り、

飼い主はあたたかく見守ります。。。

 

 

 

 

 

本音

f:id:sikinari:20171230234942j:image

恋人と幸せにケーキ食べなきゃっていうクリスマス時期の圧力。

家族と幸せにおせち食べなきゃっていう正月の圧力。

 

容赦ない幸せパターンの押し付け、

それ以外は不可!

みたいな空気が、

ちょっと苦です。

言い訳

f:id:sikinari:20171228113353j:image

犬には不屈の精神がある

 

f:id:sikinari:20171228114750j:image

もらえるまで諦めないという粘り強さ

 

f:id:sikinari:20171228114841j:image

ただしつこくいやしいだけ、という見方もあるにはある

 

f:id:sikinari:20171228115021j:image

ただ私は物事をよい面でとらえ

 

 

f:id:sikinari:20171228115118j:image

彼らの執念深さをたたえたい。

 

 

 最近では犬達の視線攻撃に負けてダメだとわかりつつちょこちょこと人間の食べ物を頻繁にあげてしまいます。

 

シニア犬達はもう余生だからちょっとくらいおいしい思いをさせてあげてもいいか、と理由をつけて。

ヤング白黒には寒くてできない散歩のせいで楽しみが少ないからちょっとくらいあげてもいいよねと理由をつけて。

 

全然関係ないけど働く女性が自分へのご褒美というフレーズを頻繁に持ち出し贅沢に対する罪悪感を軽減させるための言い訳を思い出します。

 

言い訳って便利だ。

 

 

盛り上がらないパーティー

f:id:sikinari:20171225182538j:image

チーン。

 

 

 

 f:id:sikinari:20171225182734j:image

なぜゆえ

 

f:id:sikinari:20171225182747j:image

 こんな仕打ちを?

っていう目。

 

 

f:id:sikinari:20171225182648j:image

だってクリスマスなんだもの。