Monochrome dogs.

北海道 白黒犬 四季観察 農業 物作り

お世話をしている君をお世話する


f:id:sikinari:20181014185710j:image

後輩の世話にいそしむシニア白黒さんを

 


f:id:sikinari:20181014185913j:image

飼い主がお世話してさしあげる

 



f:id:sikinari:20181015195443j:image

秋は、フィル・コリンズやスティングの曲が心にしみる季節です。

 

 

 

Englishman In New York

Englishman In New York

  • スティング
  • ロック
  • ¥250

 

シェイプ・オブ・マイ・ハート

シェイプ・オブ・マイ・ハート

  • スティング
  • ポップ
  • ¥250

 

Every Breath You Take

Every Breath You Take

  • スティング
  • ロック
  • ¥250

教えてZOZO

ドレスコードがデニムと白。

という結婚式に招かれ出席する予定です。

二十代なら格好がつくかもしれませんが四十過ぎて白シャツとジーンズでお祝い事をセレブレートするのはなかなかハードルが高いセレブレートな気がし、

セレブレートな気分より着ていく服を考えすぎるあまりちゃんと当日セレブレートできるのか今から不安です。

 

新婦は白ワンピでもぜんぜんいいから!と気さくな感じでしたが、

参列者が白ワンピなんて花嫁にケンカ売ってるようであらぬ誤解を招くのではと心配しだすときりがなく、自分はつくづく古い人間だなと感じます。

他人の服装なんて誰も気にしちゃいねぇよと言われればごもっともなのですが、

秋の挙式でデニムと白という課題はしばらく農作業しかしていなかった身にはなかなか答えが見つからず。

いうことで、


f:id:sikinari:20181013231909j:image

苦肉の策。ネットで購入した布地と手元にあったビーズで手作りしたデニムのコサージュ。


f:id:sikinari:20181013232212j:image

これひとつでドレスコードクリア!

イェーイと一安心したのもつかのま、

ZOZOTOWNを開いてフォーマルなデニムっていったいどんな…?…前澤社長教えて…と再び考えあぐねる秋の夜長。

かれこれそんな日々が数週間。

ある意味暇せず過ごせてよかったのかもしれません。

何を着ていくにせよ、お祝いの気持ちはもちろんちゃんと大切にしたいと思います。

大事なのはそこですしね。

 


f:id:sikinari:20181013232345j:image

「なんかへんなのついてるぅ」

 


f:id:sikinari:20181013232321j:image

必死。

 


f:id:sikinari:20181013234258j:image

選手交替。

 


f:id:sikinari:20181013234319j:image

ヤバイ。目が座ってきた。

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。

 

 

 

 

 

白黒グッズの逆襲


f:id:sikinari:20181007123309j:image

最近ぐっとさらに老け込んだシニア白黒さん。

まつげもまっしろ。

お散歩もそこまで好きではなくなってしまい、一日中ずーっと寝ています。

やはり犬は12才から老け込む速度が激しい。

 

 

はじめて犬を亡くしたときに安易に犬のキャラクターグッズを集めたことを後悔しました。

いつかすべての犬とお別れしたとき、

家のいたるところにある犬のキャラクターを目にするたび悲しくて落ち込む事態になることが容易に予想できたのです。

 


f:id:sikinari:20181006220748j:image

何も考えずに、

街で見かければ嬉々として散財していたおバカな飼い主。

ちょっと集めてみただけでもこんなに。

自分でもひく。

写真には収まりきらない食器やマグカップ

トートバッグや紙袋なんかも数知れず。

犬のキャラクターグッズを見ると買わずにいられない人間がいることを雑貨屋さんはよくご存じで。

 

これからは使い込めるものはたくさん使い、消費し、写真におさめたりしておいて古くなったものはちゃんと処分していこうと思う。

 

ただ、また新作を見つけたら、きっと購買欲との戦いがくりひろげられ、買ってしまうんだろうな。。きっと。。。エンドレス。。。オーノー。。。

 


f:id:sikinari:20181008195750j:image

めずらしく腹を見せて寝ていたので

 


f:id:sikinari:20181008195836j:image

ここぞとばかりにさわりまくってしばし現実逃避。

 


f:id:sikinari:20181008200305j:image
犬のキャラクターグッズに反応してしまう病が姉に伝染してしまったようで、

これは最近彼女からもらったクッション。

 

キャラクターグッズからの卒業は、

まだ、もう少し、

先にしようかな。。。

 

 

 

 

 

 

君のしもべ


f:id:sikinari:20181001203944j:image

腰痛持ちのシニア白黒のために、

ソファーステップを買ってさしあげた。

が、使ってるのを見たのは一回のみ。

 

飼い主の思いやり、

あまり意味をなさず玉砕。

わりとよくある。

 


f:id:sikinari:20181001204322j:image

今日は高所でおくつろぎのようで。

 


f:id:sikinari:20181001204506j:image

この足気になる。

 


f:id:sikinari:20181001204236j:image

頭おっきいから、

 


f:id:sikinari:20181001204633j:image

ハリーポッターにでてくるしもべ妖精に見えてくる。

どちらかというと飼い主が犬のしもべ化してますが。

 


f:id:sikinari:20181001205035j:image
君は妖精っていうより中尾彬だね。



 

 

痛みのち晴れ

f:id:sikinari:20180919124744j:image

12歳のシニア白黒が腰を痛めたようで(腰を触るときゃあきゃあ言って痛がった)

なにごとかと病院へ行きレントゲンを撮ると、ヘルニアになりかけの腰痛という診断。

(病院についたときは特に痛がらず。なぜなのか。)

先天性ではなく、加齢によるものなのでとりあえず痛み止めの注射を打ち、今は痛みどめの錠剤を3日に一錠。

階段の上り下りは人間が抱き抱えてすることに。

 f:id:sikinari:20180919133828j:image

要は、人間のお爺ちゃんと一緒で、日によって痛みがあるときとないときがあるようなんだなこれが。

犬も長寿になると人間みたいな病気になるんだな。

でも腰痛って…。

 

f:id:sikinari:20180919130519j:image

北海道は記録的に秋の晴天が続き、

幸か不幸か農作業がちっともヒマにならず、

けれどもう飼い主も犬もやっぱり休日というものに飢えだしたので、

半日で仕事を無理やり切り上げ、

 

f:id:sikinari:20180919130949j:image

ひさびさの小樽公園。

 

f:id:sikinari:20180919131030j:image

わーいわーい

 

f:id:sikinari:20180919131119j:image

あははは

 

f:id:sikinari:20180919131205j:image

あははは

 

f:id:sikinari:20180919131245j:image

あははは。

 

 

f:id:sikinari:20180919132019j:image

帰宅後。

 

 

 f:id:sikinari:20180919133446j:image

 せっせと後輩の面倒をみるシニア白黒。

 

 f:id:sikinari:20180919133014j:image

腰が痛くならないことを祈って

お布団をぎゅっとして寝る。

 

眠いんです。

f:id:sikinari:20180907212550j:image

台風の夜はビニールハウスが心配でほぼ夜通し起きていた。

次の日の夜、やっと眠れると思ったら大地震

その次の夜は停電のまま眠りにつき、夜中電気が通ったのをきっかけにテレビが爆音でついたのでびっくりして起きた。

 

今日こそ

今日こそはちゃんと眠りたい。

 

トマトは赤くなるのを待ってはくれず。

台風でも地震明けでも停電でも、続く収穫作業。もつちょっと気温が低くなれば落ち着くのに。

 

はやく北海道が元に戻りますように。

 

f:id:sikinari:20180907213603j:image

神経質なシニア白黒が一番お疲れモード。

毛布を抱き、3日ぶりの安眠。

 

 

 

 

秋の夜の白黒抗争

 

 f:id:sikinari:20180901210403j:image

布団の奪い合い。

よりよい場所。

よりふかふかな場所の陣地争い。

 

 

f:id:sikinari:20180901210457j:image

にらみをきかせる性格の悪いヤング白黒

 

f:id:sikinari:20180901210444j:image

白内障が進み視野がぐっと狭くなっているシニア白黒は、

 

 

f:id:sikinari:20180901210935j:image

争いを好まない。

 

 

f:id:sikinari:20180901211713j:image

どこまでも

 

 

 f:id:sikinari:20180901211835j:image

平和な暮らしを求めるのです。

 

 

 

f:id:sikinari:20180901211314j:image

さみしい秋。

 

 

 

シロクマの受難

f:id:sikinari:20180827215230j:image

亡くなったワンコのかわりにはならないけれど、3匹だった雰囲気をなんとか残りの2匹のために演出してさしあげようと置いておいたぬいぐるみ。

最初はなぜかこのぬいぐるみを気味悪がっていて、匂いを嗅ぐ程度だった。

 

f:id:sikinari:20180827215943j:image

それがここ1週間でかなり愛されてる

 

 f:id:sikinari:20180827215818j:image

しっぽの先まで

 

f:id:sikinari:20180827220134j:image

そのクマ

 

f:id:sikinari:20180827220140j:image

よこせいっ

 

f:id:sikinari:20180827220654j:image

たたかいの後のフォローを

 

f:id:sikinari:20180827220706j:image

シニア白黒さんは忘れない 

 

 

 f:id:sikinari:20180827220836j:image

かなり有能。

 

 

 

 

2匹ぼっち。

f:id:sikinari:20180822193851j:image

 たよりがいのある気丈なフレンチブルの真っ黒子さんがいなくなって不安げなへなちょこ2匹。

なぜ彼女が帰らないのかと吠えて抗議するようになってしまった。

飼い主が危惧していたペットのペットロス?

でも食欲はあるからたぶん違うな。

 

f:id:sikinari:20180822195114j:image

2匹で飼い主を見張っている。

f:id:sikinari:20180822205405j:image

真っ黒子さんを連れて一緒にお出かけして彼女だけいい思いをしていると感じているようで。。。

 

 

身近な命を失った悲しさを癒すツールは人にはたくさんありますが、

宗教、スピリチュアル、霊媒師、趣味に没頭、仕事に没頭、暴飲暴食、旅行など。

当然のことながら犬の彼らにはそれらは通用せず。

気晴らしに公園巡りでもさせてあげたいけれど、かれこれもう1ヶ月飼い主たちも休日というものはなく…。

 

犬に死は理解できないから彼らはきっと待つしかないんだろうな。
じゃあ人間がどれだけ死を理解できているかと問われれば、ま、そこもあやふやですが。

 

f:id:sikinari:20180822200410j:image

一生懸命年下の犬の世話をやくシニア白黒。

 

f:id:sikinari:20180822200623j:image

せっせと

 

f:id:sikinari:20180822200749j:image

せっせと舐めてあげて

 

f:id:sikinari:20180822200903j:image

夜にはグッタリ。

 

f:id:sikinari:20180822201019j:image

キミはえらいよ。

 

f:id:sikinari:20180822201247j:image

真っ黒子さんの寝床でチュパチュパをするヤング白黒。

目がいっちゃってます。

ブランケットサッキングは犬の心の病だと最近知る。

一種の強迫性障害

どげんかせんといかん。

と思いつつ、

 

f:id:sikinari:20180822202122j:image

あと1ヶ月農作業はピークなのでがんばって留守番してておくれと毎日いいきかせる。

ちょっとくらい部屋を荒らしたっていいからね。

怒らないから。

たぶん。

 

f:id:sikinari:20180822202329j:image

この先必然的にこの甘ったれのチビリにシニア白黒との別れを経験させることになる…と思うと、ちょっと気が重い。

最後の1匹になる犬は真っ黒子さんが適役だったかもしれない。

彼女は1匹飼いでも大丈夫な性格だったから。

 

人の感情は時間とともにどうにでもなる。してあげられなかった後悔は感謝の感情にすげかえられてうまく消化されていく。

犬は、待つしかできない。

そして何匹飼おうが、犬がどんなに長生きしようが最初からわかっていたお別れであったとしても、彼らの死は哀しく心の痛手となりとてつもなくさびしい。

そういうものでした。

 

f:id:sikinari:20180822204113j:image

すこし意外だったのは、真っ黒子さんと12年一緒に過ごしたはずのシニア白黒がけっこうあっさりしていること。

 

f:id:sikinari:20180822204342j:image

わたしは静かな日常ならなんでもいいです。という感じ。